記事一覧

貯蓄に余裕ができたら一部繰上返済

ローン返済開始後も着実に貯蓄を進めて、ある程度余裕ができたとき、あるいは思わぬ臨時収入があったときなどには、一部繰上返済でトクすることを考えましょう。返済額の増額による期間の短縮と同様に、一部繰上返済の効果もたいへん大きいのです。繰上返済にはふたつの方法があります。ひとつが毎回の返済額を変えずに返済期間を短縮する「期間短縮型」で、いまひとつが残りの返済期間を変えずに毎回の返済額を減らす「返済額圧縮型」です。どちらも通常に返済するときに比べて完済までの支払い利息分をカットできる点では共通していますが、カットできる金額は期間短縮型のほうが圧倒的に多くなります。

ですから、当面いろいろな事情があって毎回の返済額を減らしたいというニーズのある人以外は、基本的に期間短縮型を利用して繰上返済するのがいいでしょう。そこで、まず期間短縮型からその仕組みを紹介しておきましょう。ここからも分かるように、期間短縮型では繰上返済するお金がすべて元金返済分に充てられます。たとえば、金利3%、35年返済で3000万円借り入れている人の毎月返済額は11万5455円です。この人が3年経過した36回目の返済時に、99万9710円を繰上返済すると、これは37回目から58回目までの22回分の元金に相当します。つまり、繰上返済によって22回分の支払いをカットできるわけで、本来その間に支払うべき利息を支払わなくてもすむようになります。

22回分の支払額は、254万0010円になります。この支払いを元金分の99万9710円でクリアできるわけですから、その差額分の154万300円の利息支払いをカットできる計算。つまり、それだけトクできるわけです。しかも、残りの返済期間が22回短縮されるのですから、安心感も高まります。返済額圧縮型も繰上返済するお金でローン残高が減ることは変わりませんが、残りの返済期間が変わらないので、繰上返済分を差し引いた元金で毎月の返済額を再計算することになります。残りの返済期間が変わらない分、繰上返済効果は小さくならざるを得ません。

期間短縮型と同じ条件で36回返済時に99万9710円を繰上返済する場合、36回返済後の残高2847万8058円から99万9710円を差し引いた残高2747万8348円をもとに、残り32年、金利3%で再計算すると、毎月の返済額は11万1402円になります。毎月の返済額を当初より4053円減額できます。したがって、トクする金額は、55万6642円になります。毎回の返済額はたしかに若干減ってラクにはなりますが、その分トクする金額は期間短縮型の3分の1ほどにダウンしてしまいます。当面現在の返済額を変えなくてもいいのであれば、期間短縮型を利用するほうが断然おトクというわけです。